「映画『タリナイ』監督、大川史織さんに聞く」


マーシャル諸島への慰霊の旅を綴った本作品について、監督から制作の裏側などを伺います。

●7月20日(土) 14:00~ (約60分)
〈出演〉大川 史織(映画監督)

◎7月20日(土) 11:00、8月7日(水) 14:00
「タリナイ」上映

■■プロフィール■■
大川史織(おおかわしおり)
1988年神奈川県生まれ。
2011年慶應義塾大学法学部政治学科卒業後マーシャル諸島に移住。
日系企業で働きながら、マーシャルで暮らす人びとのオーラル・ヒストリーを映像で記録。
マーシャル諸島で戦死(餓死)した父を持つ息子の慰霊の旅に同行したドキュメンタリー映画『タリナイ』(2018年)で初監督。
姉妹本『マーシャル、父の戦場: ある日本兵の日記をめぐる歴史実践』執筆。
現在は国立公文書館アジア歴史資料センター調査員(非常勤職員)

大川史織
「タリナイ」チラシ