戦争体験者が年々少なくなり、学校教育の現場や家庭において戦争体験者と子どもたちが触れ合う機会が減っている今日、体験学習の一環として多くの学校にご利用いただいております。