戦争の時代を生きた人たちの労苦を伝える

平和祈念展示資料館では、戦争が終わってからも続いた労苦体験を、広く多くの方に知っていただくため、全国で展示会を開催しています。
今回は令和3年11月20日(土)から28日(日)の日程で、長崎県・佐世保市で開催します。

◆チラシPDF版は こちら

日 時令和3年11月20日(土)~28日(日)
※24日(水)は休館
10:00~18:00 (入館は17時30分まで)
会 場佐世保市博物館島瀬美術センター 2階・3階展示室
(長崎県佐世保市島瀬町6 -22)
入場料無料
共 催佐世保市博物館島瀬美術センター 
後 援佐世保市、佐世保市教育委員会、長崎県、長崎県教育委員会
※ご来場の際には、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
 混雑時には、入場制限を行う場合があることを予めご了承ください。
※開催期間中のお問い合わせ:080-8721-7695 (会場事務局 10:00~18:00)

「平和祈念展 in 佐世保」では、当資料館の所蔵資料とともに、浦頭引揚記念資料館( 佐世保市)が所蔵する写真や資料を展示し、終戦後に佐世保港の浦頭へ引き揚げた人々の姿を伝えます。

●ご当地展示「写真と資料でたどる佐世保港・浦頭への引揚げ」
終戦後、佐世保港の浦頭は国内最大級の引揚港として、多くの引揚者を受け入れました。
浦頭に引き揚げた人々と引揚援護に関する写真や資料を紹介します。

●ギャラリートーク
平和祈念展示資料館の学芸員による展示解説を行います。(約45分)
参加者には記念品を進呈します。
日時:11月20日(土)、21日(日) 両日14:00から
   11月27日(土)、28日(日) 両日11:00から
※事前申込不要

●ワークショップ
満州からの引揚者が見た赤い夕陽をイメージしながら、ビー玉で万華鏡をつくります。
日時:11月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
   各日10:00~17:30 ※先着50名、事前申込不要
臨時召集令状(赤紙)
(平和祈念展示資料館 所蔵)
袖の部分をパンと交換した防寒外套
(平和祈念展示資料館 所蔵)
亡くなった赤ん坊のおむつで作ったワンピース
(平和祈念展示資料館 所蔵)
佐世保引揚援護局が発行した引揚証明書
(平和祈念展示資料館 所蔵)

浦頭に上陸する引揚者
(浦頭引揚記念資料館 所蔵)
佐世保引揚援護局職員の腕章
(浦頭引揚記念資料館 所蔵)