戦争が終結したにもかかわらず、シベリアやモンゴルなどの酷寒の地へ連れて行かれ、乏しい食糧と劣悪な生活環境の中、強制労働に従事させられた“戦後強制抑留者”。堪えがたい抑留生活の中で、人間としての尊厳が失われそうになることもあったといいます。その一方で、帰国した抑留者の多くが、現地での「出会い」について語っています。現地住民に食料を分けてもらったり、仲良くなったソ連の兵士から贈りものをもらったり、生まれて初めて聴くロシア民謡に魅了されたり―こうした体験によって、生きる希望や喜びを取り戻した抑留者は少なくありません。
本企画展では異国の地で出会った人々との交流から得たものや、抑留者が使用した楽器、帰国後に当時の思い出を描き起こした絵画などをご紹介します。抑留者が体験したシベリアでの様々な出会いに、思いを巡らせてみませんか。

◆チラシPDF版は こちら

日 時 2021年11月2日(火)~2022年1月30日(日)
9:30~17:30 (入館は17:00まで)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始 12月27日(月) ~ 1月4日(火)
※12月13日(月)に一部展示替えを行います。
会 場 平和祈念展示資料館 企画展示コーナー


田中武一郎《ヨーグルトをくれる主婦》
帰国の際に現地住民からもらった懐中時計
沿海州楽劇団で抑留者が使用したギター
沿海州楽劇団で抑留者が使用したトランペット