戦後75年を迎える本年、海外からの引揚者の体験を伝える特別企画として、平和祈念展示資料館の所蔵絵画を紹介する展示会を舞鶴引揚記念館(京都府・舞鶴市)にて開催します。 中国の大連で幼い日々を過ごし、終戦によって日本へ引き揚げた川崎忠昭さんが、戦後生まれの幼い息子のために描いた『おとうさんの絵本 大連のうた』の世界を紹介します。

チラシPDFはこちら

日 時令和2年7月23日(木・祝)~9月16日(水)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
会 場舞鶴引揚記念館 企画絵画展示室
京都府舞鶴市字平1584 引揚記念公園内
入場料【一般】 個人400円/団体300円/共通券600円
【学生】 個人150円/団体100円/共通券200円
※共通券…舞鶴引揚記念館、赤レンガ博物館にご入館いただけます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方は、受付でご呈示ください。入館料が半額になります。
主 催平和祈念展示資料館、舞鶴引揚記念館

舞鶴引揚記念館の情報はこちら

《アカシヤ並木》
《まちかど》
《さんざし売り》
《さよなら大連》