平和祈念展示資料館では、さきの大戦での兵士、戦後強制抑留者、海外からの引揚者の労苦を多くの方に知ってもらうため、全国各地で展示会を開催しています。
今回は令和元年11月21日(木)から11月26日(火)の日程で、福岡県・福岡市で開催します。

チラシPDFはこちら

日 時11月21日(木)~26日(火)
9:30~18:00
※22日(金)、23日(土・祝)は20:00まで
会 場福岡アジア美術館 交流ギャラリー
(リバレインセンタービル8階)
(福岡県福岡市博多区下川端町3-1)
入場料無料
共 催福岡市
後 援福岡県、福岡県教育委員会、
福岡市教育委員会、西日本新聞社

「平和祈念展in福岡」では、当資料館が所蔵する代表的な資料のほか、
共催の福岡市が所蔵する引揚港・博多に関する実物資料を展示し、様々な視点から体験者の労苦を伝えます。

特別展示「引揚港・博多」
終戦直後、博多港は日本最大級の引揚港として、多くの引揚者を受け入れました。
この特別展示では、博多港に引き揚げてきた人々が持ち帰った貴重な物や、
引揚援護に関する資料などを紹介します。

ギャラリートーク
平和祈念展示資料館の学芸員による展示解説を行います。
参加者には記念品を進呈します。
日時:11月21日(木)14:00から(約40分)
※事前申込不要

ワークショップ
満州からの引揚者が見た赤い夕日をイメージしながら、ビー玉で万華鏡をつくります。
11月24日(日)9:30~16:30
※先着200名(お1人さま1個)まで
収容所で、抑留者が白樺の木を削って作った食器
(平和祈念展示資料館所蔵)
博多埠頭に着いた満州からの引揚者
(米国立公文書館資料)
満州から引き揚げる途中、母親が娘に着せるため
亡くなった赤ん坊のおむつで作ったワンピース
(平和祈念展示資料館所蔵)
<特別展示>「引揚港・博多」より
引揚者が荷物を運ぶために使った柳行李
(福岡市所蔵)